無料ブログはココログ

グルメ・クッキング

手作り酵素作りました。梅酵素編

私は日常の食生活で、

自然の恵みを受けた酵素が

健康づくりにこれから欠かせないもの

になると考えています。

本来酵素は昔から自然な形で体に取り入れてきました。

でも今日、食生活は、大多数の加工食品や輸入食品など、

手の加えられた食品が主であり、加熱や加工、添加物には、

なじまない酵素類は取りにくなっているのが実情です。

Umekouso

そこで、いろいろある酵素の中で、

手作り酵素に特にこだわってみました。

春の酵素としては梅酵素は簡単に

手に入り身近な手作り

酵素としては最適だと思います。

Umekouso2

私たちは、この手作り酵素を、

毎日ジュースとして飲用するとともに、

創作料理の隠し味としても役立てています。

材料は天然梅と、白砂糖、手作り酵素の元、ケルプα

だけですが、その季節の旬のものであれば、

他の食材でも対応できます。

ペンションちゃうちゃうのホームページhttp://web.hakuba.ne.jp/chauchau/index.html

手作り酵素作りました。

Kouso2

食の安全が叫ばれている昨今。

本当に体に良いものとはどういうものがあるのでしょうか。

そのヒントとなるのが、身土不二や酵素の考え方では

ないでしょうか。昔はごく自然にこれを、食してましたが、

現代の食の環境は化学物質や薬品に汚染され加工

されることによりその力を失っております。

酵素は市販のものもありますが、大半が熱処理や添加物が加えられ、

熱に弱い酵素はそのパワーを半減しております。

Kouso

そこでポイントとなるのが手作り酵素です。

その土地の旬の生命力を濃縮した発酵食品こそが、

酵素であり、未来の食のヒントとなるものだと考えます。

Kouso3_2

その基本は「その土地」「その季節」の農作物、

果物や山で自生した木の実、農薬や防腐剤、

添加物は一切使わないことだとおもいます。

自家農園や周辺で集めた無農薬野菜は次のようなものです。

ヤーコン、ビート、紫芋、ジャガイモ、ニンジン、

カボチャ、長いも、サトイモ、コクワ、大和芋、

トウモロコシ、ピーマン、ナス、キュウリ、山葡萄、

トマト、メロン、セロリ,ナナカマドの実、ミカン、

レモン、オクラ、白菜、キャベツ、シイタケなどの

きのこ類ボケの実、リンゴ,ナシ、柿、玄米、麦、

大豆,小豆、黒豆、その他ハーブ類(ミント、レモンバーム)他

Kouso4

重さやく10kの材料にケルプα、手作り酵素の元、白砂糖

を40号のタルに入れ、冷暗所で1週間ほどで発酵してきます。

私たちはこれを料理に使いますが、水で薄めて健康食品

として引用すれば、これほどおいしく体に良い食品は無いでしょう。

自然の恵みを受けた酵素を体に取り込むことは健康づくりに

欠かせないものだと考えています。

海の幸・日本海釣行記

白馬から日本海まで車で1時間。

意外と近い糸魚川周辺は魚影が濃く

この季節様々な海の幸を収穫することができる。Pb050194

この日も早朝から天候、波,潮の状況を確認し、

その日のポイントを確認してから出発。

魚影が濃いといっても、いつでもつれるわけでもなく、

かなり気象条件と潮の流れに左右される場合が多い。Pb030188

私の釣りのスタイルはは陸っパリ、堤防、海岸から、

しかもできるだけシンプルにがもっとう・・・・

でもこれは結構難しい。だから情報は大事だ。

堤防でそんなにつれるのとよく聞かれる。

これはタイミングの問題で、だから朝早かったり、

夜中になることもあるし当然前々だめの日もある

Pb050201

タックルは基本的に3本。サビキ、ルアー、投げ用だ。

この日最初につれたのはサビキで、キジハタ、メジナ。

そしてアジ(20~30センチ)

キジハタ地元の方も好む高級魚だ。

でも肝心の小あじがつれない。

小あじがつれないと、これを生きえさとして、

イナダやカンパチアオリイカがつれないからだ。

結局釣れだしたのは午後3時過ぎから、

いい小あじさへ釣れれば、自然に

イナダやアオリの釣果はアップ2007aki_036

この日一番うれしかったことは。

アオリイカの釣果だ。

前回1パイで終わってしまったアオリだが、

群れの回遊もあって型の良いアオリ8ハイは

上々だ。結局夜7時半で終了。

まずまずの釣果でした。

Pb050197

この時期のアオリイカは甘みがあり

イカの中でも特に美味しい。

ペンションではアオリの梅肉あえ、

イナダのカルパッチョはお客様にも、

評判だ。

その他のカテゴリー